芸能

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

髭男爵(ひげだんしゃく)は、サンミュージックプロダクションに所属する日本のお笑いコンビ。 山田ルイ53世(やまだるい53せい、本名:山田 順三〈やまだ じゅんぞう〉、1975年4月10日 - ) ツッコミ・ネタ作り担当、立ち位置は向かって右。 身長168センチメートル、体重120キログラム。O型。
36キロバイト (4,832 語) - 2022年7月21日 (木) 10:47

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/07/21(木) 18:32:34.16ID:CAP_USER9
7/21(木) 9:33
配信
Yahoo!ニュース オリジナル 特集

2022年4月某日。タキシードに身を包み、シルクハットを頭に載せ、「いやいやいや、どーも~……ルネッサァァァーーンス!!」と筆者は舞台へと飛び出した。幾度となく繰り返してきた、
いつも通りの登場だったが、顔はこわばり、手は震えと異常なまでの緊張感。いや、無理もない。この日のステージは、“わが家のリビング”。客はたったの1人だが、それが自分の子供……長女(現在小4)となれば、調子も狂おうというものである。

今年3月、福岡PayPayドームで始球式の大役を務めたが、よもや2万の観衆のプレッシャーを小学生のそれが上回り、正真正銘のホーム(自宅)をアウェーに変えてしまうとは思わなかった。

全ては、このあとに控えた演目のせい。「漫才」でも「ギャグ」でもなく「告白」……わが子に隠し続けてきた父の正体を打ち明けようとしていたのである。(取材・文:山田ルイ53世、写真:石橋俊治、Yahoo!ニュース オリジナル 特集編集部)





10年寝かせた“ウソのワイン”

筆者の職業は漫才師。コンビ名を髭男爵という。

「ルネッサーンス!」の人、ワイングラス片手に「○○か~い!」とツッコむ自称貴族、まあ、何でもいいが、“あれ”である。重ねた芸歴は早20年を超え、一度は売れっ子と呼ばれた時期もあったが、現状サッパリの一発屋。この“一発屋”という言葉こそ、(まだ3歳の次女はさておき)自分の仕事を、かれこれ10年近く長女に説明しなかった理由だった。

筆者自身は恥じてなどいない。大した才能に恵まれもせぬ割によくやったと自負しているくらいである。しかし、まだ小さな子供にとってはどうだろう。

何かの拍子に幼稚園や小学校で、クラスメートの知るところとなり、「○○ちゃんのパパって、売れてないの?」とイジられるような事態を招いては目も当てられぬ。負けや失敗といった苦み成分を含む“一発屋”という肩書に、娘が触れるのは時期尚早との決断だった。

ただでさえ、苦みにはなじみがある筆者。現在47歳だが、その大部分を、「中2の夏から不登校」とか「20歳手前まで6年間のひきこもり生活」といった挫折にまみれ、(人生が余ったなー……)との虚無感にとらわれて生きてきた。

自分のことを語れば、いや、ハッキリ口にせずとも、ボロ着のような半生のシミや臭みが、一挙手一投足ににじみ出し、真っ白なワンピースさながらの娘の将来を汚してしまわぬかと怖かったのかもしれぬ。

かくして、“フレキシブルに働くサラリーマン”などと偽ってきたわけだが、心境の変化をもたらしたのは、数年かけて話を聞いてきた、一発屋パパ・ママの存在だった。

筆者と似たような心配事を抱えながらも、運悪く、あるいは、なし崩し的に正体がバレた、コウメ太夫とムーディ勝山。ジョイマン高木やテツ(テツandトモ)は自ら子供に伝え、レイザーラモンHG夫妻に至っては、はなから隠す気がなかった。

発覚の経緯はそれぞれだったが、共通点が1つ……みんな楽しそうに暮らしていたのである。(うらやましい……)と仲間たちの生きざまに背中を押され、10年寝かせた“ウソのワイン”、その栓を抜くこととなった次第。大騒ぎするのもお許しいただきたい。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2eb8c85a78f813e96f43d63af3fc218a78780b9f

次へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/2eb8c85a78f813e96f43d63af3fc218a78780b9f?page=2

【【芸能】 部屋に響いた長女の悲鳴──山田ルイ53世、娘に“正体”を明かした一世一代の「ルネッサンス」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

TKO(ティーケーオー)は、日本のお笑いコンビ。 メンバー2人はデビュー当初から松竹芸能に所属していたものの、2020年3月に後輩芸人へのパワハラ騒動により木下が、2022年7月には巨額の投資トラブルを起こしたことにより木本が同事務所を退所している。 木本 武宏(きもと たけひろ、1971年5月6日
36キロバイト (5,209 語) - 2022年7月24日 (日) 04:38

1 フォーエバー ★ :2022/07/24(日) 17:44:54.24ID:CAP_USER9
TKO木本武宏、7億円投資トラブルで松竹芸能退社 近日中に経緯を説明「嘘、偽りなく全てお伝えしたい」
7/24(日) 5:00配信

サンケイスポーツ

投資トラブルを起こしていたお笑いコンビ、TKOの木本武宏(51)が23日付で所属事務所、松竹芸能を退社した。自ら申し入れ、受理された。木本はツイッターで、近日中にも事情説明することを明言。また、新たに窓口になった個人事務所は、木本が芸人仲間らから集めた投資金について「一生かけて返金したいと話している。一部は返金している」と告白。金を管理したまま音信不通の投資家に対しては、週明けにも法的手段を取るという。

【写真】最大級の“被害者”か…ノブコブ吉村

FX(外国為替証拠金取引)や仮想通貨の投資話を持ち掛け、タレント仲間らから推定7億円を集め、返済できない状況に陥った木本が、責任を取って23日付で松竹芸能を退社した。

まだトラブルの全容解明がなされておらず、今月下旬に木本が出演する深夜の通販番組の放送があることなどから、当初は今月末で契約終了する予定だったが、同社は木本の退社の申し入れを即受理。日を追って事態が深刻化する現状をかんがみた判断となった。

同社によると、今月初旬に「個人的な投資活動に関し、トラブルが発生しているのではないか」との情報が寄せられ、木本に事情を聴いていた。

約3年前に設立され、松竹芸能から窓口を引き継いだ個人事務所はこの日、本紙の取材に対応。今後の木本について「活動自粛させていただきます」とし、一部で報じられた引退を否定した上で、本人が「ご迷惑をかけた債権者に誠意をもって対応したい。一生かけても返金したい」と話していることも明かした。すでに一部は返金しているという。

https://news.yahoo.co.jp/pi*up/6433512

【【芸能】TKO木本「一生かけ返金したい」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

藤田 ニコル(ふじた ニコル、Nicole Fujita、1998年(平成10年)2月20日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、YouTuber。 ニュージーランド出身。オスカープロモーション所属。第13回ニコラモデルオーディショングランプリ。「EMMARY」初代編集長。『ViVi』専属モデル。現在は東京都在住。
34キロバイト (4,305 語) - 2022年6月10日 (金) 21:20

1 jinjin ★ :2022/07/24(日) 00:10:03.32ID:CAP_USER9
藤田ニコル、露天風呂で赤面したエピソード告白「“バレたらイヤだ”ってドキドキして…」


モデルでタレントの藤田ニコル(24)が、23日放送のTBSラジオ「藤田ニコルのあしたはにちようび」(土曜後7・00)に出演し、露天風呂で思わず赤面したエピソードを語る場面があった。


ニコルは「3年ぶりに夏休みを取ることができました」といい、友人たちと共に沖縄県・宮古島に旅行へ。そこで「自分が芸能人になってから行ったことがなくて。挑戦してみるか」と思い立ち、温泉施設の露天風呂に向かったという。

「友達と2人でチャレンジしたんだけど、まあまあ人がいて。そしたら、前日にマンゴー屋さんで声をかけてくれた女性が、たまたまそこにいたの」とまさかの展開に。

「そのときに“うわぁ、どうしよう…めっちゃ裸だわ”って。バレたらイヤだなと思って、すごいドキドキして、小さいタオルで頭を隠しながら入って。リラックスしに来たのに、緊張して少しストレスが溜まっちゃった」と苦笑していた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/537b86b0759ad576f2b732b5bcb2db833add2393

【【芸能】藤田ニコル、露天風呂で赤面したエピソード告白 「“バレたらイヤだ”ってドキドキして…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

柏木 由紀(かしわぎ ゆき、1991年〈平成3年〉7月15日 - )は、日本のアイドル、歌手、元天気キャスターであり、女性アイドルグループ・AKB48チームBのメンバーである。NGT48チームNIIIおよびNMB48チームNの元兼任メンバー、ならびにAKB48の派生アイドル
149キロバイト (17,683 語) - 2022年7月11日 (月) 08:23

1 フォーエバー ★ :2022/07/23(土) 05:22:49.64ID:CAP_USER9
2022/07/22 23:50Sirabee5

アイドルグループ・AKB48の柏木由紀が22日、自身の公式YouTubeチャンネル『ゆきりんワールド』を更新。YouTubeのコメント欄に散見される悪質な書き込みに怒りをぶちまけた。

【動画】柏木が激怒した悪質コメント


■「こんな女マジで無理」
柏木のYouTubeの人気企画の1つになっているコメントパトロール。今回は、先日公開した「柏木由紀の切実な悩みを聞いてください」に寄せられた反響をチェックする。

動画の中で「一生独身かもしれない」と結婚への不安を吐露していたが、これに対し「結婚するとなると、こんな髪ばっか触ってる女マジで無理と思ってしまう。百年の恋も、それだけでぶち壊しにする悪い癖だと思う」「そりゃそうだろ。こんな女、*で働いているようなもんだもんな」など批判の声がズラリ。

柏木は「なんでこんな人ばっかりなの?」と、うんざりした。


関連記事:柏木由紀、出演番組を見た母から言われた衝撃的なひと言 「もう放送見ません」

■思わず舌打ちが飛び出したのは…
そのなかでも「これは本当に最悪だった。通報するよ」と特に頭にきたコメントがこちら。「うざいから、とりあえず何でもいいから、また入院して」。

昨年に難病の脊髄空洞症の治療のため、手術・入院を経験した柏木への誹謗中傷。

「チッ」と思わず舌打ちをした柏木は「最悪まじで。これはまじで通報するよ。面倒くさいからしないけど、どういう感覚? 教えてほしい。何でこんなこと書くの? 本当にこれは言っちゃいけないレベル。これは人として最悪です」と怒り心頭だった。

■暗い気持ちになるファンも
「意味わかんないことは書かないでください。わざわざ悪いことを書いたところでいいことないですから、日記帳にでも留めておいてください」と注意しつつ、最後は「でも、きょうも楽しかったです」と笑顔で締めた柏木。

ファンからは、悪質な書き込みを斬り捨てる同シリーズを堪能する声が。一方で「この企画好きだけど、良くないコメントはやっぱり悲しくなる」「ゆきりんのこと変なふうに言う人嫌だな」と暗い気持ちになるユーザーも見受けられた。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw11206230?news_ref=50_50

【【芸能】柏木由紀、悪質コメントに大激怒 舌打ち飛び出し「これはまじで通報するよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

のん(1993年7月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、歌手、芸術家、YouTuber。本名は能年玲奈。現在兵庫県神崎郡神河町出身。株式会社non、および音楽レーベル「KAIWA (RE) CORD」代表を務める。 2006年、第10回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得し、
73キロバイト (8,544 語) - 2022年7月14日 (木) 11:03

1 フォーエバー ★ :2022/07/22(金) 17:32:21.99ID:CAP_USER9
7/22(金) 17:00配信

夕刊フジ
長らく地上波から遠ざかっていた、のん

【芸能界パワハラ・セクハラ事件簿】

映画「ドライブ・マイ・カー」(濱口竜介監督)は、俳優、西島秀俊に苦節の末の栄誉をもらたすことになった。作品はカンヌ国際映画祭で脚本賞を獲得したほか、アカデミー賞では国際長編映画賞など国内外で約90の賞を受賞。西島自身も日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞に輝いている。

【写真】ドラマや映画にひっぱりだこの西島秀俊

大学在学中、大手プロダクションのオーディションに合格し、21歳の西島は俳優としてスタートする。しかし映画志望だった彼は、イケメン路線に反発し移籍する。ここから数年間、冷や飯を食うことになる。

当時、事務所の移籍は起用を敬遠されがちだった。プロダクションが圧倒的優位な時代だったのだ。だが北野武監督に見いだされ、2002年に映画「Dolls」に主演。03年からドラマにも出演できるようになった。*ボックスから抜けだしたのだ。

記憶に新しいのは、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に主演した当時、本名の能年玲奈で活動していた、のん(28)の独立騒動だ。

当時、「給料5万円」や「明日着る下着がない」「財布に200円しかない」など悲惨な状況が報じられ、独立が取り沙汰されるが、そう簡単にはいかなかった。

彼女の仕事はドラマ後の2年間で、映画2本と20分のドラマ1本だけという状況になり、本名での活動もままならず、彼女はのんに改名することになる。

のんや、2016年に退所・解散騒動を引き起こしたSMAPのようなケースが、公正取引委員会の目にとまり、「移籍制限は独占禁止法違反に当たる」という論議のきっかけになったともいわれている。

それでも、のんの再起は不可能と思われた。だが奇跡の復活を果たすことになる。

農協や岩手県のCM出演に始まり、配信メディアへの出演、さらに台湾や中国からのオファーが殺到し、日本でのテレビ出演はほとんどないのに6億円を稼ぎ出すようになる。

テレビで干されても怖くない時代になった。それだけテレビの力は落ちたということだ。そして、それ以上にタレントのめげない努力が古い体質の芸能界の壁を打ち破っていくことになる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/02cdf4050065f8746332802faee6c76591f617cd

https://www.sankei.com/resizer/XtPS6G43-Oe9lzODwYD6Q4LP3kw=/0x1200/smart/filters:quality(65)/cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com/sankei/BQ3RP2SVANL3FGRWA7VW2H62EE.jpg

【【芸能】日本のテレビで干されても復活できる時代に のん〝独立騒動〟で仕事激減も…台湾や中国からオファー殺到で6億円の稼ぎ】の続きを読む

このページのトップヘ