2022年06月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

河相 我聞(かあい がもん、1975年(昭和50年)5月24日 - )は、日本の俳優、ナレーター、タレント、司会者、ミュージシャン。埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身(実際は蕨市に生まれてすぐ大宮市に転居している)。 株式会社ウィーズカンパニー所属。 「かわい」と発音される場合が多いが「かあい」が
35キロバイト (4,700 語) - 2022年5月28日 (土) 08:06

1 フォーエバー ★ :2022/05/31(火) 19:56:46.48

◆衝撃的な伝説のドラマ『未成年』で役者として成長

長男が誕生した翌年、1995年には野島伸司さんが脚本を手がけ、いじめ、暴力、未成年の犯罪など、若者たちの苦悩と葛藤を生々しく描き、過激で衝撃的な内容が話題を集めたドラマ『未成年』に出演。

いしだ壱成さん、香取慎吾さん、反町隆史さん、浜崎あゆみさん、谷原章介さんなど豪華なキャストも話題に。河相さんは、有名進学校に通う成績優秀な優等生・神谷勤役。母親からの過剰な期待と溺愛に押しつぶされそうになっている。そんなときに瞳(浜崎あゆみ)と出会い好きになるが、彼女が妊娠していることを聞いて苦悩することに。

-『未成年』はとくにすごかったですね。河相さんは東大間違いなしの優秀な生徒だったのが、途中で壊れて猟銃を撃って…どうなるんだろうってハラハラしました-

「あのドラマは脚本がすばらしいですよね。脚本と演出がすばらしかったので、演出家と脚本家に助けられました」

-『未成年』に出演することになったのは?-

「あれはオーディションではなくて指名だというふうに聞いています」

-すごいキャスティングでしたね-

「本当にすごかったです。みんなすごい人たちが出ていて、錚々(そうそう)たる顔ぶれでした。なかでも壱成くんは衝撃的でした。

お芝居をしているという感じではなく、心が動いていて、それが伝わるんです。オーラもすごかったし、資質から違っていました。初めて彼の演技を見たとき、僕はもう辞めようと思いましたもん」

-河相さんの役は東大合格間違いなしの優秀な生徒ですが、家庭教師の子どもを妊娠した女生徒を好きになって、みんなで立てこもっている最中に精神的に追い詰められて猟銃で反町隆史さんを撃ってしまうという衝撃的な展開でした-

「そうですよね。最初はもっと衝撃的な結末になる予定だったみたいなんですけど、当時オウム(真理教)の事件があったので、立てこもりとかをあまりセンセーショナルに描くのは難しいということで、結末が少し変わったと聞きました」

-それでも充分衝撃的でした。最初からある程度の展開は聞いていたのですか-

「全然聞いてなかったです。だから毎回毎回台本を読んで、『おーっ、こうなるんだ』っていう感じでした。

でも、あのときは同世代の役者が多かったので、仲間とワチャワチャやっていたという感じで、楽しんでやっていた感じがあります。

今じゃちょっと考えられないんですけど、当時は、テレビドラマにはリハーサル日というのがあったんですよ。リハーサルでちゃんと指導してもらえるんですよね。

監督がちゃんとつきっきりで、何回も何回も『違う』って言って指導してくれたんです。そういうのがあって撮影に挑んでいたので、自分で一から組み立てるということをしなくても、素直に従って演じていれば、ちゃんとしたところにいけるという感じだったんですよね」

-『未成年』で印象に残っていることは?-

「『未成年』は、僕にとっても青春だったし、大事な作品なのでいろいろありますけど、家庭教師の子どもを妊娠した瞳の子どもの父親になるというシーンのときに、『お前には子どもがいる人の気持ちなんかわからないだろう』って言われたんですよ。

でも、そのときにはもう長男が生まれていましたからね。『子どもがいるんだけどなあ』って思っていました(笑)」

2022年5月31日 19時0分 テレ朝POST
https://news.livedoor.com/article/detail/22259605/

(出典 i.imgur.com)


【【芸能】河相我聞、伝説のドラマ『未成年』での衝撃。いしだ壱成の演技をみて「資質から違う。僕はもう辞めようと」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


1 ギズモ ★ :2022/05/29(日) 18:44:56.24


(出典 pctr.c.yimg.jp)

Vチューバー、琴吹ゆめの「中の人」として活動する飯塚麻結さん(手前)。都内のスタジオで(2022年4月7日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

「投げ銭」で億超え 活気づくVチューバー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220529-00000005-jij_afp-int

【AFP=時事】普段は物静かに話す飯塚麻結(Mayu Iizuka)さん(26)は、都内の一室で自身のアバターのライブ配信が始まると、激しく手を振りながら甲高い声でトークを始めた。

 画面にはキャラクター「琴吹ゆめ」として登場する。使うのは、ノートパソコンとウェブカメラ、首に装着したモーションセンサーで、表情はプロデューサーがコントロールする。

「アニメ声」にミニスカート、大きな紫色の瞳──アニメの美少女キャラ的な琴吹ゆめは、仮想キャラクターをアバターとして使い、動画を投稿するバーチャルユーチューバー(VTuber、Vチューバー)に多い特徴を備えている。

 日本のニッチなサブカルチャー、Vチューバー界が誕生して約5年。データ分析企業ユーザーローカル(User Local)によると業界は急成長を遂げ、現在配信中のVチューバーは世界で約1万6000人に上る。

 動画投稿アプリのティックトック(TikTok)やライ*トリーミング配信プラットフォームのツイッチ(Twitch)などでファンを増やし、中には1億円以上を集めるVチューバーもいる。

■投げ銭世界ランキング上位10人中9人はVチューバー

 Vチューバーが収入を得る方法は、ライブ配信にユーザーが送金する従来の「投げ銭」システムとほとんど同じだ。ユーチューブ(YouTube)の投げ銭機能「スーパーチャット(Super Chat、スパチャ)」では、金額が高額になれば、そのユーザーの投稿がより目立つ仕組みになっている。

 昨年、スーパーチャットで投げ銭を集めたユーチューバーの世界ランキング上位10人のうち、9人がVチューバーだった。データ分析サイト、プレーボード(Playboard)によると、9人はいずれも東京の同じVチューバー事務所に所属し、獲得金額は70万ドル(約9000万円)から170万ドル(約2億2000万円)に上った。

 大半のファンが投げ銭機能で支払うのは1投稿につき数百円程度だが、中にはバーチャルアイドルへの熱い思いを伝えるために5万円程度の額を投じるファンもいる。

 自動車部品の検査員として働く男性(30)は、チャンネル登録しているVチューバー本人に自らのコメントを読んでもらえるよう、1万円の投げ銭を行うこともあるという。「どうしても『今日も自分がやって来たよ』というのを伝えたくて投げちゃう」と話す。

 またコンピューター・エンジニアで、カズミと名乗る男性(30)は、東京近郊にある自宅のアパートの一室をお気に入りのキャラ、大神ミオ(Mio Ookami)のポスターや額入りの写真、キーホルダーなどで埋め尽くしている。

 仕事が終わった後や週末は、大神ミオの動画を見ながら、タブレットでイラストを描くことに没頭する。大神ミオのことだけを考えている間に、5時間、10時間とたっていることもあるという。

「僕らファン層と彼女(大神ミオ)と全部踏まえて、一つの家族なのかなと思ってますね」

 インターネット広告代理店D.A.コンソーシアム(D.A. Consortium Holdings)ホールディングスで広告技術研究室の室長を務める永松範之(Noriyuki Nagamatsu)氏は、スーパーチャットはアイドルやアニメのファンがグッズに金銭をつぎ込んで「推し」を応援しようとする日本のファン文化の延長線上にあるとAFPに話した。

「承認欲求というところも大きいと思います。他のファンと(自分を)差別化して優越感に浸る人も」

■アバターへの誹謗(ひぼう)中傷

 Vチューバーが「中の人」を明らかにする例は少ないが、誰が演じていようと自分が好きなのは中の人ではなく、大神ミオなのだとカズミさんは話す。これは多くの他のファンも同様だ。

 だが、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になる場合もある。

 日本の裁判所は今年、アバターがネット上で誹謗中傷を受けたとするVチューバーの訴えを認める判決を下した。

 訴えを起こしたVチューバーの代理人、小沢一仁(Kazuhito Ozawa)弁護士は、Vチューバーは性別も年齢も体形も超えられるが、重要なのは、そこには現実の世界で発言、書き込みを読んでいる人がいることだと指摘する。

 プロの声優である飯塚さんは、4年間、琴吹ゆめとして活動を続けてきた後に正体を明*のは不安だったと話す。

中略

 これまでのところ、ファンの反応は上々だという。【翻訳編集】 AFPBB News


【【文化】「投げ銭」で億超え 日本で活気づく〝Vチューバー〟】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とろサーモンは、吉本興業に所属する日本のお笑いコンビ。2002年結成、M-1グランプリ2017王者。 久保田 かずのぶ(くぼた かずのぶ、1979年9月29日 - )(42歳) ボケ・ネタ作り担当、立ち位置は向かって右。 旧芸名及び本名は、久保田 和靖(読み同じ)。宮崎県宮崎市(旧清武町)出身。身長175cm。眼鏡をかけた小太り。
48キロバイト (7,088 語) - 2022年5月27日 (金) 23:55

1 フォーエバー ★ :2022/05/29(日) 22:51:36.60

 お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(42)が29日、自身のユーチューブチャンネル「もう久保田が言うてるから仕方ないやん〆」を更新。

 久保田は「It's a shame.」(残念だ)というタイトルで動画を投稿。オール巨人が著した『漫才論 僕が出会った素晴らしき芸人たち』の内容に苦言を呈した。

 久保田は「実際にとろサーモンが王者になった2017年は、僕は和牛が優勝だと思っています。だから、最終決戦で和牛に投票した」という記載に引っかかっているという。「僕を含めて当時のメンバーが5人で1人1人の票が重いと、審査員を増やしてくれと訴えたんです。それで2017年は7人に増えたと。このとき新しく入った2人がとろサーモンに入れたんですよね。そして、レギュラー審査員を務めていたうちの3人、つまり、僕と上沼さんと松本君は和牛を選んだ。故に、彼らは名誉ある敗退とも言われていました」と読み上げ、久保田は「僕らはなんなんですかねっていうのを思って。恥辱の勝者っていうことですかね」と口にした。

 さらに「審査員の追加をお願いしておいて言うのもなんですが、前年通り5人でやっていたら和牛が獲っていたはず」という文章に久保田は「今になってまた言われるんですか」と話した。「“とろサーモン君ごめんね(笑)”って、笑えないですよ」と口を尖らせ「無許可でこんなこと書かれたらすごく気分が悪いなって」と語った。

 久保田は「前までちょっと好きだったんですけど、今回読んでちょっと…。そうですね。嫌いになりましたね」と不満を募らせた。

2022年5月29日 22時16分 スポニチアネックス
https://news.livedoor.com/article/detail/22244918/

(出典 i.imgur.com)


【【芸能】とろサーモン・久保田 オール巨人の書籍に「すごく気分が悪い」「嫌いになりました」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

小籔千豊 (小藪千豊からのリダイレクト)
』2014年6月号、日経BP社、 97頁。 ^ a b c d e f g h i j “今、もっとも“すべらない男”吉本新喜劇最年少座長・小藪千豊「高校時代は週3で合コン。女のコ相手に自分のしゃべりを試す場でした」”. 週プレNEWS (2012年2月22日). 2014年5月19日閲覧。
74キロバイト (9,744 語) - 2022年5月8日 (日) 06:46

1 首都圏の虎 ★ :2022/05/30(月) 18:23:39.44

 お笑いタレントの小籔千豊(48)が28日に更新されたYouTube「ざっくりYouTube」に出演。大阪をバカにする一般人の会話に、怒りを覚えたときのエピソードを語る場面があった。

 「大阪」をテーマにトークをする企画。小籔は「今は“大阪行きたいです!”って言う人が多いけど、USJとかができるまでは“忌み嫌われている”雰囲気とかなかった?」と、共演者に問いかけた。

 それは、小籔が東京にマンションを借りてまもなくの頃。蕎麦屋で1人で食事をしていたというが、近くにいた客の1人が「本当に大阪のヤツってさー」とバカにするように話をしていたという。

 「転勤で3年くらいいたんだけどさ。駐車禁止ばっかで、あちこちでひったくり。その辺に暴力団があって、歩けないよ」などと、その男性は言いたい放題、これに小籔は「“嘘つけ、盛るなや!”って思った」と怒りを覚えたというが「そのときに店員さん呼ぶときに“すみませ~ん”って東京弁になってもうて。バレたくなかったんやろうね」と、オチを付けて笑わせた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e2eccc755613fe46fce34f9d7d7c2f68dc5deec1


【【芸能】小籔千豊、大阪をバカにする人「“ひったくりやその辺に暴力団が”嘘つけ、盛るなや!」でも東京弁で…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

平子 理沙(ひらこ りさ、1971年2月14日 - )は、日本の女性ファッションモデル、タレント。ファッションブランドのプロデュースや歌手業も手掛ける。「カリスマモデル」「アラフォーの星」などと称された。プラチナムプロダクション所属。旧芸名:平子 理彩(ひらこ りさ)。元夫は俳優の吉田栄作。
11キロバイト (1,191 語) - 2022年5月16日 (月) 00:23

1 湛然 ★ :2022/05/30(月) 05:28:15.10

51歳・平子理沙、抜群スタイルを披露し称賛の声「憧れます」「女神さまのよう」
2022年5月29日 18時25分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20220529-OHT1T51165.html?page=1
平子理沙のインスタグラム(@risa_hirako)より




 モデルでタレントの平子理沙(51)が自身のインスタグラムを更新し、ベビードール姿で抜群のスタイルを披露した。

 平子は「intimissimiのheart beatレースベビードール とってもキュート 全体にレースを使用した可愛いベビードール」とつづり、レースのベビードール姿の画像を複数掲載した。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【芸能】51歳・平子理沙、抜群スタイルを披露し称賛の声「憧れます」「女神さまのよう」】の続きを読む

このページのトップヘ